事業紹介 色彩関連本

みなさんこんにちは、カラーオンです。

f:id:color-on:20151023090440j:plain

今回はカラーオンが執筆した書籍についてご紹介します。

 

カラーオンは2014年に上記「色彩心理 色のメッセージを感じよう!」をAmazon電子書籍Kindleで発行しました。

www.amazon.co.jp

 

この本では赤、橙、黄、緑、青、紫、ピンク、水、茶、白、灰、黒の各色とこのうち2色を選択した場合の色彩心理についてまとめています。

 

私たちは毎日の生活で意識・無意識関わらず、絶えず心を揺れ動かしながら生活を行っています。楽しい気持ちの時、悲しい気持ちの時、オープンな気持ちの時、塞がった気持ちの時。そんな感情達と付き合いながら毎日を過ごしています。

 

セルフコントロールは気持ちのコントロールです。人には好みの色があり、代表される性格があります。その”心”を中心に様々な感情を揺れ動かしています。色彩が心身に与える影響を活用すれば、より深くその気持ちに感じ入ることができ、またその気持ちからの切り替えも行いやすくなります。

 

『 十人十色。一人十色。
 人にはそれぞれ個性があり、それがその人の大切な魅力となっています。
 色には人それぞれの魅力を引き出し、膨らませる力があります。僕は皆さんにより多くの色を感じて生活して欲しいと思い、本書を書くことにしました。
 ファッションアイテムでもインテリア空間でも、色が変わるとイメージが変わります。赤は情熱的な雰囲気に、青は冷静沈着で落ち着いた雰囲気になります。その他に橙・黄・緑・紫など、色には固有のイメージがあります。
 人の個性にはそれに似合う色イメージがあり、多くの人が無意識のうちにその色を手にとって、あるいは目で見て、感じて、自分らしい生活を送っています。・・・』

(「はじめに」より)

 

十人十色とは良くいいますが、カラーオンでは一人十色も提唱します。つまり時々によって様々な感情を持ち合わせていると考えます。それらの感情とうまく付き合う方法を色彩心理を使って身に付けましょう。それがカラーオンの目指すところです。

 

Amazon著者紹介ページはこちら

Amazon.co.jp: 山口 充:作品一覧、著者略歴

 

 

色彩心理#01 色彩は心と身体に効果的?

みなさんこんにちは、カラーオンです。

 

今回は色彩心理についてご紹介します。

f:id:color-on:20151022072533j:plain

色彩心理については様々な書籍やウェブ記事、セミナーが開催されています。色彩はいつも目の前に溢れていますが、意識することが多くありません。

 

家の中でも家の外でも至る所に色彩がありますが、とりわけファッションや食事やインテリアなどいったキーワードと関連付かなければ意識することがありません。

 

私たちの目の前にある色彩は私たちが意識していない時でも潜在意識に対して効果を発揮しています。精神的のみならず身体的にも影響を及ぼしています。

 

例えば、赤を見ると外向的に行動的になり、強いリーダーシップを発揮しやすくなります。あるいは攻撃的になり、怒りの感情が湧きあがりやすくなります。皆さんが良くご存じの精神的な影響です。

 

では、トイレの壁面が薄い黄色系だとどうなると思いますか?黄色は消化器官に働きかけます。その為排泄がスムーズになり、すっきりとしやすくなります。ご年配の方が多く利用する施設などに取り入れられていますが、おそらく意識はされていません。そして無意識のうちに身体的に影響を及ぼします。

 

こういったように色彩には心と身体に影響を及ぼす力があります。それを効果的に活用することができれば、ネガティブな感情もポジティブな感情に転換しやすくなります。

 

カラーオンが色彩に魅力を感じている最大の要因です。