Women Fashion:gorgeous-modern ピーコックグリーンのはっきりとした夏コーデ


 

カラー解説(PCCS)

メインカラーはトップスのvトーン色相番号14番周辺です。近しい色に『ピーコックグリーン』があります。孔雀の羽のような緑を指します。
サブカラーはパンツのホワイト。
アクセントカラーはネックレスのゴールドです。
配色計画
色彩心理
ピーコックグリーンもゴールドもイエローベースのカラーとして馴染みの良い組み合わせです。ピーコックはブルーの色名として用いられることもありますが、ブルーとグリーンの間の間の色を指し、特に光沢感のあるものや無彩色との相性が良くなっています。

イエローベースのゴージャス感の中に、ホワイトのキリッとした雰囲気がモダンなスタイルです。ピーコックグリーンはナチュラルな様子よりも知的でクリエイティブな、上品さを感じさせます。ホワイトが動じない、凛とした力強さを演出し、ゴールドは余裕と温かみをプラスしています。

Women Fashion:modern モダンながらフェミニンなプリーツスカート


 

カラー解説(PCCS)

メインカラーはスカートのdkトーンより若干彩度が高い色相番号18番周辺です。近しい色に『スマルト』や『瑠璃紺』があります。
サブカラーはシャツのltgトーンの18番。淡いブルーです。
アクセントカラーはバッグとヘアの明るいブラウン、sfトーンで6番周辺の色です。
配色計画
色彩心理
メインカラーとサブカラーは同一色相でトーンが異なるトーンオントーン配色になります。そこへ対照色相に近い6番の明るいオレンジを合わせています。

ブルーは誠実で知的で論理的なイメージを演出します。濃いブルーは努力家でゆるぎない自信を表現します。その色をプリーツスカートにしていることでしっかりとした安定感の中に女性らしい可愛らしさが見えおしゃれになっています。淡いブルーは丁寧で献身的な様子を作ります。明るいブラウンは生き生きとした様子をプラスしています。