コーディネートと色彩心理:着物、春の晴天とお花の可愛いイメージ


 

カラー解説(PCCS)

メインカラーはbトーンの16番周辺です。近しい色に『ターコイズブルー』があります。
サブカラーはlltトーンよりやや明るいの24番周辺です。近しい色に『鴇色』があります。
アクセントカラーは帯のstトーンの8番周辺カラーです。近しい色に『ブロンド』や『ペールゴールデンロッド』があります。ブロンドよりも黄色よりの色です。
配色計画
色彩心理
いずれの色も高明度・中~高彩度でまとめられています(一部、グラデーションにより中明度・高彩度あり)。ブルーはやや緑みを帯びていて、しPCCSの色相環では3色はトライアングルの位置関係にある、トライアドという配色技法になります。色相差が八はっきりとしていて、明快なイメージを演出できます。

与える心理的印象においては、ライトからブライトのカラーで明るく清楚なイメージになっています。
ライトブルーとピンクは献身的な様子で、ライトブルーはそっとそばに寄り添う空気や空の雰囲気、ピンクは可愛くも何かをして差し上げたいと行動力のある雰囲気を持っています。そこへ明るく、陽気で明るい笑い声を想像させるイエローが合わさり、ユーモアと笑顔の雰囲気をもたらしています。
伝統的な和装で、カラフルだが心にそっと寄り添うような優しさと華やかさを併せ持つ素敵なコーディネートです。

コーディネートと色彩心理:朱赤のタイトスカートをカジュアルに大人らしく


 

カラー解説(PCCS)

このスタイルのテーマを作っているメインカラーはスカートの朱赤、vトーンの3番周辺です。近しい色に『紅緋』があります。
サブカラーはシャツの濃い紫、dkトーンの22番周辺です。
アクセントカラーはベルトのオレンジベージュ、dpトーンの6番周辺カラーです。
配色計画
色彩心理
朱赤と紫は中差色相、明度に大きな差がある配色で、少しの違和感と動きを感じる配色になっています。朱赤とオレンジベージュは類似色相で明度・彩度も同程度で統一感があります。

メインカラーとサブカラーにあえて統一感の薄い配色で少しざわついたカジュアルな雰囲気があります。個性的です。朱赤のやや温かくも挑戦的で奔放なエネルギーのある様子に、紫の枠や形にとらわれないインスピレーションからのこだわりを持っている様子があり、キュートになりそうなところを、大人びたサバサバとした雰囲気にしています。赤はアクティブに干渉してくる雰囲気のある色ですが、全体的にカジュアルにまとまっていますので、かたちにはまらない息を抜ける、ほっとする印象になっています。またオレンジベージュが個性感をプラスするとともに、可愛さと優しさを表現しています。幼さと大人感、寄り添うのかそうではないのかのバランスが面白い配色です。