色彩学#03 色の三属性

みなさんこんにちは、カラーオンです。

 

今回は色彩学の3回目、色の三属性についてご紹介します。

 

光である「色」は文字通り色々な色が存在しています。それらの規則性を研究すると3つの要素が浮かび上がってきます。

 

それが色の三属性で、色相、明度、彩度です。

f:id:color-on:20151027154344g:plain

 

①色相

色相は色味のことで、赤、黄、緑、青などの違いです。上の図で右上の区分に当たります。虹色は5色ないし6色で表現されますが、それらの色の違いが色相の違いに当たります。

 

色はあいまいな存在です。。上の図では橙を黄のグループで表示していますが、橙のグループを作ることもできます。赤と黄の間の色相が橙です。さらに区分けして、橙に近い赤があれば、黄に近い橙があります。それぞれがどれだけ赤に近いか、どれだけ黄色に近いかによってもグループ分けすることができます。

 

橙のみならず、緑でも黄緑、青緑(ターコイズ)といった言葉もあるほどです。

 

バイオレットとパープルの違いはわかりますか?一般的にはバイオレットの方が青に近い紫で、紫のグループではなく、青のグループにまとめられることもあります。

 

 

②明度

続いて、明度とは明るさの度合いです。最も明るい色は白で、最も暗い色が黒です。上の図は有彩色のみ表示していますが、左下が明度を3段階に分けた場合の区分になります。

中明度の色に白を混ぜていくと高明度の色になります。明度が高いと白に近くなります。逆に中明度の色に黒を混ぜると低明度の色になります。

 

③彩度

彩度とは色の鮮やかさの度合いで、彩度が高いと鮮やかな色になり、彩度が低いとくすんだ色になります。彩度がほとんどない色が無彩色で、白、灰、黒です。

 

上の図で右下が彩度の区分になります。

 

明度と彩度の違いが難しいかもしれません。しかしカラーカードを眺めているとその違いが分かってきます。

明度が高いと彩度が低い色が多いですが、明度が高くて彩度も高い色もあれば(鮮やかな黄色など)、彩度が高くて明度が低い色(ディープな赤など)もあります。

 

明度と彩度の見分けに慣れていない方は、トレーニングに配色カードを使用します。

 

新配色カード199a

新配色カード199a

 

 

これは日本色彩研究所が管理している配色カードです。PCCSと呼ばれる色の体系に基づいて作られていて、初心者でもわかりやすく色を見分けることができますので、是非一度購入してみてください。(※リンクはアフィリエイト広告ではありません。)

 

色の三属性は色を見分けるために必要となります。薄い色、鮮やかな色、くすんだ色、渋い色なども明度、彩度がわかっていると想像しやすいですよ。

 

色彩学#02 青と黄の配色

皆さんこんにちは、カラーオンです。

 

今回は色彩学の#02、青と黄の配色を見ていきましょう。

 

f:id:color-on:20151023160436j:plain

 

青と黄はおおむね補色関係にあります。

前回色彩学#01で、色相環をご紹介しましたが、一般的に私たちが「赤」とか、「緑」とか「青」と色名を言った場合、それが示している色の幅は広く、例えば青は緑みの青から紫みの青まで色相の中では比較的幅が広く表現されます。したがって、黄の補色が青といっても、どの青かは分かりにくいと思います。

 

color-on.hatenablog.jp

 

なので”おおむね”補色関係にあるとしておきます。

 

さて、補色とはなんでしょうか。色相環のサークルで、真反対側にある色のことです。

 

例えば日本色研表色体系(PCCS)は色相を24色に区分けしています。1から24まで番号が付けられていて、24色で一周になりますので、1(紫みの赤)の真反対は13(青みの緑)になります。黄は8(黄)なので補色は20(バイオレット)です。

 

上の写真ではおよそ黄色の部分が8で、黄色の間にある青系の色が20にあたります。

 

補足配色は調和的配色で見ていて心地よい配色となります。ただし、明度・彩度が同程度の場合はハレーションを起こして境界線が見にくくなり、違和感を感じます。赤と緑でよく見かけられます。

 

PCCSについては日本色研のホームページもご参照ください。

日本色研事業株式会社 HomePage