Women Fashion:modern モダンながらフェミニンなプリーツスカート


 

カラー解説(PCCS)

メインカラーはスカートのdkトーンより若干彩度が高い色相番号18番周辺です。近しい色に『スマルト』や『瑠璃紺』があります。
サブカラーはシャツのltgトーンの18番。淡いブルーです。
アクセントカラーはバッグとヘアの明るいブラウン、sfトーンで6番周辺の色です。
配色計画
色彩心理
メインカラーとサブカラーは同一色相でトーンが異なるトーンオントーン配色になります。そこへ対照色相に近い6番の明るいオレンジを合わせています。

ブルーは誠実で知的で論理的なイメージを演出します。濃いブルーは努力家でゆるぎない自信を表現します。その色をプリーツスカートにしていることでしっかりとした安定感の中に女性らしい可愛らしさが見えおしゃれになっています。淡いブルーは丁寧で献身的な様子を作ります。明るいブラウンは生き生きとした様子をプラスしています。

Mens Fashion:natural-elegant トラディッショナル感のある紳士スタイル


 

カラー解説(PCCS)

メインカラーはニットカーディガンのGy6.0周辺のグレー色です。『シルバーグレイ』と呼ばれる色です。
サブカラーはネクタイのdpトーンの12番周辺の色。近しい色名に『ビリヤードグリーン』があります。
アクセントカラーはsfとltgの間のトーンで6番周辺の色です。
配色計画
色彩心理
グレーとベージュの明度はやや明るめでほぼ同じ。グリーンの明度は低くなっていますが、逆に彩度が高くなっていますので暗さはなく存在感があります。有彩色の2色は森林と大地を思わせるため調和感があります。

無彩色のグレー中心にモダン感のあるスタイルですが、グリーンとベージュの2色がナチュラルな優しさを持っていますので、落ち着きがあり上品な雰囲気になっています。自己主張が強くなく、周囲との調整やバランスを重視し、しかし個性を持った様子が格好いいですね。