色彩学#06 トーンオントーン配色

皆さんこんにちは、カラーオンです。

 

今回は色彩学の第6回目です。前回はトーンについてご紹介しましたが、そのトーンに着目した配色方法をご紹介します。

 

color-on.hatenablog.jp

 

前回、配色に悩んだときはトーンを合わせることで安定した配色になることをご紹介しましたが、今回ご紹介するトーンオントーン配色はトーンの上にトーンを重ねるという意味で、異なるトーンを使用する配色です。

 

f:id:color-on:20151106142109j:plain

こちらの看板はブルー系の色相でまとめられていますが、各ブルーの明度が異なっています。同一色相から類似色相で明度差を大きくとった配色をトーンオントーン配色と言います。

 

 ペールトーンとディープトーン、ライトトーンとダークトーンなどの組合せになります。

 

同じ色相系でまとめられていますので、落ち着いていて受け入れやすく、シンプルにまとまっているように感じます。

 

色のイメージ(色彩心理)を崩さずに単調な配色を脱却するためにトーンオントーン配色は有効です。グラデーションは明度差が徐々に変わっていく配色の為、厳密にはトーンオントーン配色の部類には入りませんが同じ視点になります。

 

ウェブ配色や、チラシの配色、ファッション・インテリア・エクステリアでも色相の持つイメージを活用しながらデザイン性を持たせるためにトーンオントーン配色を覚えていてください。

 

f:id:color-on:20151106142913j:plain

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA