色彩心理 #02 ポジティブ感情は何色?

みなさんこんにちは、カラーオンです。

 

色彩心理の第2回目です。今回はポジティブ感情についてご紹介します。

 

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則

 

 

バーバラ・フレドリクソンさんはポジティブ感情の代表的なものに喜び・感謝・安らぎ・好奇心・希望・誇り・愉快・鼓舞・畏敬・愛の10個があると言います。

 

これらの10個のキーワードから何色を想像しますか?

 

色彩心理はその時々の人の感情を表します。

カラーオンでは一人十色であると考えています。時々において同じキーワードでも異なる色で表現したくなることがあります。今このブログを書いているカラーオンの心情は以下の通りです。

 

喜び・好奇心・希望・愉快は黄色系

感謝・安らぎは薄い赤(ピンク)から橙系

誇りはややくすんだ(渋い)こげ茶色系

鼓舞・畏敬・愛は彩度が高くやや明度を落とした赤系

 

これら10個の言葉の中にはややもすると固執して思考を停止させるものがあります。ポジティブ感情とネガティブ感情をバランスよく持つことが必要ですね。

 

今の皆さんの心の状態はどうですか?

10個の言葉から何色を連想しますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA